地元に根付く人が多い

間取り

安さも魅力

滋賀県では持ち家比率が70パーセント程度と全国でも高めの傾向にあります。その理由は、地元に根付いて暮らす人が多いことと、土地の値段が安めなことです。滋賀に根付いて暮らしている人の場合、土地を持っていることが多いため、土地の値段を考えずに家を建てることができます。土地の値段がかからないと、家全体の費用はかなり安くあげられます。そのため、滋賀では家が持ちやすいのです。また、土地を買うにしてもあまり地価は高くないため、比較的安く購入できるというメリットがあります。周囲でも家を持っている人が多いため、家を持ちたいというインセンティブが起きやすいのも理由といえます。持ち家の中でも、滋賀で多いのは注文住宅です。注文住宅は自分の理想を実現できるというメリットがあります。逆に、注文住宅は、分譲住宅に比べて費用が高いというデメリットがありますが、滋賀ならば安い土地が多いためそのデメリットを心配しなくてすみます。そのため、注文住宅を購入する人が多いのです。滋賀では注文住宅を選ぶとき、大手ハウスメーカーに頼むことが多いです。地元の工務店や中堅ハウスメーカーもありますが、大手ハウスメーカーへの信頼感を理由に選ぶ人が多いです。大手ハウスメーカーは費用が高めですが、土地代が安くすむことが多いため総費用を抑えられるのが選ばれている理由の一つです。変形地なども少なく、オプションをつける必要性が少ないのも大手ハウスメーカーが選ばれている理由です。