ハウスメーカーとの違い

工具

比較すると一長一短がある

名古屋で注文住宅を建てる際、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼すればいいのか、または両社はどう違うのかという点に疑問を感じる方が多いのではないでしょうか。ハウスメーカーと工務店に明確な定義はなく、両社の違いは事業展開規模の大きさで判断されることがほとんどです。会社の名前に工務店が付いていても全国展開してる場合はハウスメーカーの扱いになっていることもあります。感覚的には工務店の仕事が「家を造る」であれば、ハウスメーカーの仕事は「家を造って売る」という感じでしょうか。したがって、ハウスメーカーの注文住宅は規格化していることが少なくありません。規格化でコスト削減を図っているわけですが、広告宣伝費や人件費にコストがかかっているので、名古屋で注文住宅を建てるときは工務店の方が低価格である傾向にあります。そして、注文住宅の品質という点ではハウスメーカーにしても普通は施工を名古屋の工務店に任せますので、会社によりけりと言わざるを得ません。いずれにしても名古屋の工務店の職人はプライドを持って家を造っているはずですから、手抜き工事をする可能性は低いです。建築中にはなるべく時間を作って現場をチェックしに行くといいでしょう。それから、工期ではハウスメーカーの方が短いのが一般的です。これは規格化しているので作業スピードが速いというだけでなく、工場であらかた組み立てて現場に持っていく方法が取られている場合もあるためです。価格で見ると工務店が勝り、工期で見るとハウスメーカーが勝っていると言えます。